『東京タラレバ娘』ドラマ第4話で、いとうあさこさんが演じる占い師が登場しました。

 

ただし、その占い師はオリジナルキャラクターだったようです。

 

第5話では、原作に忠実なキャラクターである、原宿の母に似た占い師が登場しました。

 

その役を演じたのは、女優の山村紅葉さんです。

 

スポンサーリンク

山村紅葉のプロフィール

『出典・東京タラレバ娘公式ツイッター

山村紅葉さんは、1960年生まれで京都府出身の大女優さんです。

 

母親の山村美紗さんは、国内でも有名な小説家であり、『ミステリー小説では知らぬ者はいない』と言われるぐらい有名な方です。

 

山村紅葉さんのデビュー作も母親の作品であり、親子二人三脚で活躍されてきた女優さんなのです。

 

大学卒業後は芸能界を引退していましたが、結婚を期に国税局を退職したことから、女優業を再開します。

 

ミステリー作品だけでなく、コミカルなキャラクターもこなすので、若い世代が視聴するような作品にも出演しています。

 

山村紅葉さん自身も明るい性格なので、バラエティ番組でも活躍される人気女優さんなのです。

 

占い師である原宿の母とは?

『東京タラレバ娘』のヒロイン鎌田倫子(吉高由里子)は、物語の序盤から仕事も恋愛もどん底に落ちてしまいます。

 

救いを求めるように、原宿の母である占い師に助けを求めるのです。(ただし、ドラマだと原宿の母という設定は強調されていない)

 

原作だと、鎌田倫子の現状をズバズバと言い当てられたため、山川香と鳥居小雪も連れていくのです。

 

その後、出会いを占ってもらうのですが、結局、現状を変えることはできないのです・・・。

 

ただし、ドラマだと出会いに関してはまったく教えてもらえません

 

ドラマの場合は、今の現状を再確認し、セカンド女や不倫をやめるという決断にさせる導入として使われていました

 

やはり、ドラマだとリアリティを重視しているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

占いを信じる者、信じない者がいると思います。

 

どちらでも間違いではないと思いますが、最終的には自分が行動を起こす必要があることを理解しておきましょう。

 

行動を起こさなければ、結果は生まれないからです。

 

そのことは、『東京タラレバ娘』を視聴すれば、おのずと分かってくることでしょう。

 

『東京タラレバ娘』ドラマ第6話は、2月22日に放送です。

 

注目トピック

村川絵梨が東京タラレバ娘の沢田曜子(KEYの妻)女優キャストで出演!プロフィールを紹介

タラレバ言う前にくすみを取り去る洗顔クリームを使っタラ?ファンケル新商品

スポンサーリンク