『東京タラレバ娘』では、結婚というキーワードがもっとも重要になっています。

 

確かに、結婚までの道のりは簡単なものではないかもしれません。

 

しかし、結婚はゴールではないことを知る必要があります。

 

結婚はあくまで、スタートラインなのです。

 

結婚後にも、問題は多々あります。

 

最初に直面するのが嫁姑問題です。

 

スポンサーリンク

嫁姑問題とは?

nayamu

 

文字通り、嫁と姑の間に起こるいざこざを指します。

 

ほとんどの場合、結婚の挨拶などではそれほど嫌いというイメージはないようです。(最初から合わない方もいますが・・・)

 

ところが、結婚後にたびたび顔を合わせるようになると、問題が浮き彫りになるのです。

 

同居ばかりか、別居という関係であっても嫁姑問題は変わりません。

 

旦那の母親である以上、出会うタイミングはいくらでもあるのです。

 

立場上、姑のほうが年上なので、嫁は意見を聞かざるを得ません。

 

しかし、その不満がたまってしまうと嫁姑だけでなく、夫婦間のトラブルにも発展するのです。

 

嫁姑問題『注意が細かい』

嫁姑問題で、もっとも多い意見ではないでしょうか。

 

姑は、色々なことに対して「こうしたほうがいい。ああしたほうがいい」と口を挟んできます。

 

最初はそれほど深刻な問題ではありませんが、度重なると「私生活にまで口を挟さまないでほしい」と思うようになってしまいます。

 

そこから嫁と姑の関係が少しずつこじれてしまうのです。

 

ただ、姑は意地悪をしていない場合が多いです。

 

これは、愛情からくるお節介なのです。

 

自分の娘のように、あれこれ干渉したくなるのは、本当は優しさからくるものだと理解してあげる必要があります。

 

嫁姑問題『孫(子供)の教育』

姑にとって、孫は何より可愛いものです。

 

会えば、お菓子もあげたくなるものです。

 

そのぐらいなら可愛いものですが、教育方針にまで口を出す姑もいます。

 

ただ、嫁からすれば、子供の教育方針まで口を挟まれたくないと思います。

 

教育とは、母親としての責務なので、その考えは正しいです。

 

とはいえ、姑は人生の先輩でもあります。「口うるさい」と思うよりも、「そういう考え方もあるのか」と参考程度には聞くべきかもしれません。

 

嫁姑問題『自宅にやってくる』

姑と別居していようが、近くに住んでいればやってきます。

 

そして、訪問する頻度が非常に多い姑がもっともトラブルになりやすいです。

 

姑からすれば、子供の自宅に遊びにいくような感覚なのです。

 

ただ、嫁からすると相当なストレスになるようです。

 

家族になったからといって、やはり姑には気を遣ってしまいます。

 

だからといって、「来ないでください」とは口が裂けても言えません。

 

これには、旦那の協力が必要となります。

 

ただ、旦那はこのことに関して無頓着なところがあります。

 

何故なら、自分の母親が家に来ることに、何の違和感もないからです。

 

嫁は、どうやったら旦那が協力してくれるのかを考える必要があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

上記の例は、あくまでほんの一部なので、嫁姑の数だけ問題があるでしょう。

 

ただ、ほとんどの事例は悪意から始まっているものはない、と考えるべきだと思います。(ファーストコンタクトでトラブルがあった場合を除く)

 

そのほとんどが愛情からくるお節介なのです。

 

自分の母親とケンカをしたことなら、山ほどあると思います。

 

ただ、それが愛情からくるものだと気づいているはずです。

 

姑との関係もまた、それと似たようなものなのです。

 

そしてなにより、どうしても言いたいことがある場合は、直接本人に言うことも必要だと思います。

 

いつまでも他人のふりをしているより、よっぽど家族の会話となり得るでしょう。

 

注目トピック

実家暮らし女は結婚できない?メリットとデメリットとは?

スポンサーリンク