ドラマ化でも注目が集まっている『東京タラレバ娘』ですが、テーマは結婚です。

 

結婚に至るためには、恋愛という過程は必要不可欠です。

 

女性にとって恋愛をする対象は男性ですが、男性の中には『草食系男子』というジャンルが存在します。

 

スポンサーリンク

『草食系男子』とは?

sousyoku

 

『草食系男子』とは、恋愛に対して積極的に行動を取ることができない男性のことです。

 

例えば、好きなタイプの女性と話す機会が訪れたにも関わらず、なかなかデートに誘うことができない・・・など、恋愛に1歩進むことさえも積極的になれないのです。

 

世間一般的には、草食系男子に対する風当たりというものは強い傾向にあります。

 

「リードしてくれない」「男性らしくない」と言った批判の声に繋がるからです。

 

しかし、本来の意味で使われる『草食系男子』は、これらの批判内容とはまったく異なります。

 

心優しく、異性と同じ目線で話をすることができる男性のことを『草食系男子』と呼びます。

 

異性を積極的に求めるというよりは、友達のような関係で交流を深めていく付き合いができる男性を指す言葉なのです。

 

時代が移り変わりにより、男女関係のあり方が変化してきているのかもしれません。

 

ただ、そういう男性だけでなく、女性不信、自己主張のできない男性たちも含めた総称として『草食系男子』という言葉が使われています。

 

『草食系男子』の脈ありサインとは?正しい恋愛の仕方

「草食系男子の反応が分からない」という方もいるようですが、それほど難しく考える必要はありません。

 

好きな相手なら話しかけてくるでしょうし、メールやLINEも頻繁に連絡してきます。

 

ただそこに、「会いたい」とか「付き合って」という明確な言葉が出てこないだけです。

 

つまりは、恥ずかしがり屋の女性と同じアプローチしかできないということです。

 

では何故、女性は明確な言葉を貰えなければ、男性の想いを読み取ることができないのでしょうか?

 

その理由は、単純明快です。女性からリードをしたことがある方は、それほどいないからです。

 

男性のほうから声をかけるのが普通だと思っている女性は、声のかけ方や恋愛の始め方を知らないのです。

 

男性の考えが読めない場合、女性は行動を移す必要があります。

 

なので、タイプの男性が『草食系』だった場合、女性のほうがリードをする必要があります。

 

もちろん、ずっとリードをする必要はありません。

 

デートまでの道筋を作ってやれば、男性のほうから交際を申し込んでくれます。

 

ただし、あくまで脈があった場合です。

 

勘違いをしていけないのは、「あの人は私のことが好きなのに、全然、声をかけてこない!」という原因が、本当に『草食系男子』だからなのか?という点です。

 

『好きではない』『興味がない』という理由なら、誘われないのは当然です。

 

脈があるのなら、当回しにでも話しかけて来ます。そのサインを見逃さないようにしましょう。

 

『東京タラレバ娘』で指摘された草食系男子の生態

マンガ『東京タラレバ娘』では、今のところ『草食系男子』のキャラは登場していません。

 

しかし、ヒロインの鎌田倫子、香、小雪の3人が討論する場面で、『草食系男子』という言葉が使われます。

 

この討論の議題は、ずばり『付き合った男性と一夜を共にするタイミングは?』というものでした。

 

その中で、小雪がとんでもないことを長々と口にします。

 

sousyoku-2

『出典・漫画東京タラレバ娘第3巻』

要約すると、男性は3次元の女性には積極的になれないだけで、2次元の女性(インターネット)で欲望を満たしているという考えなのです。

 

原作者の東村アキコさんはおそらく、『草食系』と呼ばれる男性であっても、『肉食系』の要素がなくなったわけではないということを表現したかったのだと思います。

 

つまり、『草食系男子』であっても、大事な場面ではしっかりとリードをしてくれる男らしさがある、という意味にも捉えることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

1つだけ断言できる点があるとすれば、『草食系男子』に対して『男らしくない』という言葉を使ってはいけません。

 

それもまた、『男女差別』として捉えることができるからです。

 

性格は個性です。『草食系男子』が苦手なら、『肉食系男子』を見つければいいだけの話です。

 

ただし、『肉食系男子』と呼ばれる方の中には、遊びを目的をしている輩が多くいるので注意が必要です。

 

その点において、『草食系男子』は彼女に忠実になりやすい傾向があります。

 

ある意味、結婚生活も安泰かもしれません。

 

注目トピック

結婚することが女性の幸せなのか?仕事に生きる女性と家庭を持つ女性の違い

男性と女性の性格は最初から合わない?

 

スポンサーリンク