『東京タラレバ娘』のドラマ化が決定しました。

 

原作者はもちろん、売れっ子の漫画家である東村アキコさんです。

 

漫画の原作者である東村アキコさんとはどんな女性なのか、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

東村アキコのプロフィール

『出典・東村アキコ公式ツイッター

東村アキコさんは、1975年10月15日生まれで、宮崎県出身の漫画家です。

 

『東京タラレバ娘』のようにギャグ漫画路線が強いイメージですが、デビュー当初はシリアスな作風を書く漫画家でした。

 

転機となったのは、雑誌Cookieで2001年に連載した『きせかえユカちゃん』。

 

『きせかえユカちゃん』の内容は、小学生ユカちゃんのシュールな日常を描いたラブコメディです。

 

ギャグ漫画家としての注目が集まり、2007年に連載された育児エッセイ『ママはテンパリスト』が100部を突破するミリオンセラーを記録します。

 

圧倒的女性の支持を集めている東村アキコさんは、2008年にファッションがらみのラブコメディ『海月姫』を発表。

 

『海月姫』は作品性を高く評価され、第34回講談社漫画賞少女部門に入賞します。

 

『海月姫』は深夜アニメ枠で放送が開始され、2015年には能年玲奈さん主演で映画化もされました。

 

そして、自身の半生を描いた『かくかくしかじか』が2015年の第8回マンガ大賞、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

 

『かくかくしかじか』は東村アキコさんの幼少時代から漫画家になるまでを赤裸々に綴っており、絵を教わった恩師なども登場しているファン必見の作品です。

 

『東京タラレバ娘』の原作漫画

『東京タラレバ娘』は、2014年から雑誌Kissで連載されている漫画です。

 

コミックは6巻まで発売されており、今後も増えていくでしょう。

 

『東京タラレバ娘』は、第6回ananマンガ大賞に選ばれた作品でもあります。

 

『タラレバ』ばかりを口にするアラサー女性を主人公に起用した作品で、同年代の女性ファンから共感の声が多かった漫画でした。

 

『東京タラレバ娘』の制作秘話は、東村アキコさんの同年代の友人たちが「2020年のオリンピックが東京に決定したが、それまでには結婚したい。1人で観るのは嫌だ」という話を聞いたのが元ネタになっているようです。

 

実際、『東京タラレバ娘』の冒頭で、主人公の鎌田倫子と友人の香は、「私たち、オリンピックまでには結婚しているから」というシーンがあります。

 

スポンサーリンク

東村アキコの性格、人柄

売れっ子漫画家として名が通っている東村アキコさん。

 

その容姿は、『美人過ぎる漫画家』と言われるほどで、受賞したときなどで表舞台に立つと、芸能人のような容姿を取り上げられていました。

 

漫画家でありながら、東村アキコさんは積極的にトークショーやイベントなどに参加。

 

「話が面白い」などの声が多く、何度も足を運ぶファンも多いようです。

 

ちなみに、コアなファンは『工作員』と呼ばれ、その集いは3回ほど行われているようです。

 

有名漫画家で忙しい身でありながら、実は子育てをこなすお母さんでもあります。

 

日曜日を完全オフとし、子育てを両立させていたそうです。

 

多くの連載漫画を持つ東村アキコさんにも関わらず、それが可能だった理由は、他の漫画家よりも速筆だったからだそうです。

 

多い時には、1ヵ月で100ページ以上も描かれていました。

 

東村アキコさんが売れ子の漫画家になったのは、決して運が良かったからではありません

 

美大で技術を学び、会社員生活の中でも漫画家になるために努力をし続けた結果なのでしょう。

 

東村アキコさんが描いた『東京タラレバ娘』がどういうドラマになるのか、楽しみですね。

 

注目トピック

原作者がマンガ第1巻でアラサーに伝えたかったことは?

原作者がマンガ第2巻でアラサーに伝えたかったことは?

原作者がマンガ第3巻でアラサーに伝えたかったことは?

スポンサーリンク