ドラマ化で注目が集まっている『東京タラレバ娘』。

 

その第3巻の各章で、原作者の東村アキコさんが何を思って描いているのか、考察していきます。

 

なお、個人的な考察のため、実際の解釈とは異なる場合もありますのでご了承ください。

 

また、第3巻の内容はこちらの記事で紹介しています▼

【東京タラレバ娘】マンガ第3巻のあらすじやネタバレ

スポンサーリンク

第9話『ジェットコースター女』感想

9-1

『出典:マンガ東京タラレバ娘3巻』

セカンド女の香と不倫の小雪。

 

2人の恋愛が決して幸せではないことを描いています。

 

香は元カレの涼ちゃんと会っていると、今カノが帰ってくる電話がかかってきます。

 

すると、涼ちゃんは香を部屋から追い出します。

 

「指輪とかピアスとか落としてない?オレ、コロコロかけないといけないから」

 

髪の毛1本すら、部屋に残してもらえないのが、恋愛の2番手だと描かれています。

 

また、小雪は付き合っている丸井良男を見舞いに病院へ行きたいのに、妻と鉢合わせするリスクがあるため、会いにいけません。

 

友人の鎌田倫子と香を連れてなんとか行くことはできますが、丸井の姉が来ており、せっかく作ってきた料理を渡せず、自分で食べるという悲しいシーンがあります。

 

そして、もっとも驚愕なのが鎌田倫子に対してKEYが放った一言です。

 

「あんたらの歳だと、チャンスがピンチなんだ」

 

20代は失敗して当たり前・・・しかし、30代は成功して当たり前となります。

 

仕事の場合、できなければ戦力外通知だと指摘するのです。

 

若さの特権に気づかず、恋愛も仕事も難易度を上げ続けた30代は、ジェットコースターに乗っている状態だと原作者は表現しています。

 

その最高難易度をクリアできない場合、あとは落ちていくだけなのです。

 

厳しい表現ですが、『今ならまだ間に合う』というメッセージも隠されているのかもしれません。

 

第10話『逃げる女』感想

10-1

『出典:マンガ東京タラレバ娘3巻』

『逃げる女』とは、鎌田倫子のことを指します。

 

鎌田倫子はアシスタントのマミに仕事を取られ、そのショックから恋愛に生きようと考えるのです。

 

相手はKEYではなく、新たに出会った奥田でした。

 

話すことがすべてストレートで誠実であり、鎌田倫子はどんどん惹かれていったのです。

 

結婚という目標に走る鎌田倫子を、この章では『逃げる女』と表現しています。

 

これが良いか悪いかは、賛否両論となるでしょう。

 

ただ1つ言えることは、仕事に区切りをつけて結婚するわけではなく、嫌になったから結婚に走っているのでは?それは、『逃げ』になるのでは?という指摘がもっとも大事な論点となると思います。

 

仕事でうまくいかなかったときに逃げる人は、結婚生活で嫌なことがあったとき、はたして逃げずに立ち向かえるでしょうか?

 

スポンサーリンク

第11話『うれしい!楽しい!大好き!女』感想

11-1

『出典:マンガ東京タラレバ娘3巻』

このタイトルは、ドリームズ・カム・トゥルー(ドリカム)の名曲をそのまま起用したものです。

 

この章は、『東京タラレバ娘』が連載されて以来、初めてハッピーな話となります。

 

鎌田倫子は奥田と両想いになり、付き合うことができたのです。

 

恋をすると、女性は元気になることを赤裸々に表現された回と言えるでしょう。

 

そこに年齢は関係なく、誰もが幸せな気持ちになるのです。

 

もちろん、これは男性にも言えることでしょう。

 

確かに、結婚は人生のゴールではないので、そこを無理に目指す必要はないのかもしれません。

 

けれども、恋愛をしていると人間は幸せな気持ちになるのは事実であり、それが継続する結婚を目指そうとする行動もまた、必然な気持ちなのでしょう。

 

信じた者だけが得られる幸福を、人は結婚と呼ぶのかもしれません。

 

注目トピック

【東京タラレバ娘】漫画第1巻で東村アキコが伝えたかったことは?

【東京タラレバ娘】漫画第2巻で東村アキコが伝えたかったことは?

スポンサーリンク