『東京タラレバ娘』がドラマで放送されることが決定しました。

 

『東京タラレバ娘』をまったく知らない方にも分かりやすく、ドラマのあらすじや見どころを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』の放送日

kabegami

『出典:タラレバ娘コミック公式

『東京タラレバ娘』は、2017年1月期に放送されるドラマです。

 

日テレ(日本テレビ)で、毎週水曜日に放送されます。

 

放送時間は、10時からとなります。

 

『タラレバ』の意味、語源

『東京タラレバ娘』では、『タラレバ』とカタカナ表記にしていますが、本来は『たられば』と書くのが一般的です。

 

『たられば』とは、「もしも~したら」「もしも~になれれば」など、事実ではない仮定の話をするときに語尾に付く言葉を合わせた言葉です。

 

『東京タラレバ娘』ヒロインの鎌田倫子(吉高由里子)や友人たちは、居酒屋『吞んべえ』で「キレイになったら、もっといい男が現れる!」「好きになれれば、結婚できる!」と『タラレバ』ばかりを口にしていたのです。

 

ちなみに原作では、鎌田倫子は妄想の中で、居酒屋の料理として出された『タラ』と『レバー』に話しかけられます。

 

『タラレバ』繋がりとして、用いられた表現かもしれません。

 

スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』第1話あらすじ

ヒロインの鎌田倫子(吉高由里子)は、脚本家として独立していました。

 

アシスタントのマミと2人しかいない小さな会社でしたが、それなりに仕事は順調でした。

 

しかし、30歳になっても独身のままでした。(原作では33歳)

 

高校からの親友である、香、小雪も同じ境遇でした。

 

香は表参道にネイルサロンを経営し、小雪は実家の居酒屋『呑んべえ』を手伝っていました。

 

2人も仕事はそれなりでしたが、やはり結婚はおろか、彼氏もいない状況です。

 

そんな3人は、事あるごとに居酒屋『呑んべえ』で女子会を開いて、『タラレバ』ばかりを口にしていたのです。

 

早坂からプロポーズ?

ところが、『呑んべえ』に集まった倫子、香、小雪はいつもと違う雰囲気でした。

 

実は、倫子は集まりを開くとき、LINEで『第4出動』と書いて送っていたのです。

 

彼女たちの女子会には、4段階のレベルがありました。

 

『第1出動』は、なんとなく飲みたいとき。

 

『第2出動』は、仕事のグチを聞いて欲しいとき。

 

『第3出動』は、誰かの悪口をブチかましたいとき。

 

そして『第4出動』は、緊急に男がらみの相談があるとき発令されるものでした。(『第~出動』は、元は消防用語)

 

ついに、倫子にも浮いた話が出てきたのです。

 

内容は、昔、告白された早坂に、食事に誘われたからです。

 

当時の倫子は、早坂の告白を1秒で断っていました。

 

優しい人なのですが、服がダサく、話も面白くなかったからです。

 

あれから10年が経ち、早坂は立派な男性へと成長していました。

 

仕事の関係で何度も会っていたある日、早坂に食事に誘われたのです。

 

香と小雪はプロポーズだと騒いでいました。

 

倫子は否定しながら、なんとなくそれを期待していました。

 

そして、気合いを入れた服装で早坂に会いにいくと、本当に衝撃的な事実がそこにはありました。

 

「僕、倫子さんのアシスタントのマミちゃんに、結婚前提で交際を申し込もうと思ってるんですっ」

 

青年KEYの「行き遅れ女の井戸端会議」「このタラレバ女!」発言

マミは19歳でした。若い子に負けたショックで、倫子は『呑んべえ』で飲み明かすことにしました。

 

香と小雪も「キレイになったら、もっといい男が現れる!」「好きになれれば、結婚できる!」と『タラレバ』でエールを送りました。

 

その時です。近くで聞いていた青年KEY(キー)に、「行き遅れ女の井戸端会議」「このタラレバ女!」と言い放たれたのです。

 

うるさくしていた倫子たちが悪いので、赤の他人に怒られても仕方がないのかもしれません。

 

しかし、何よりKEYに言われたことが反論できなかったのです。

 

自分たちは、女子ではない・・・のだと。

 

注目トピック

【東京タラレバ娘】マンガ第1巻のネタバレやあらすじ

【東京タラレバ娘】ドラマにも使われる名言集!アラサーに痛いほど刺さる

スポンサーリンク