マンガがドラマ化し、ファンからもメディアからも注目されている『東京タラレバ娘』。

 

なかなかキャストが発表されないことでも取り上げられていましたが、ようやく主要メンバーが公開されました。

 

早坂ディレクターを演じるのは、鈴木亮平さんが担当することになりました。

 

スポンサーリンク

鈴木亮平のプロフィール

suzuki

『出典・ナタリー

1983年3月29日生まれで、兵庫県出身です。

 

学生時代のときに演劇サークルに所属し、演技の世界に魅了されます。

 

本気でプロになることを決意し、芸能事務所を訪ねる毎日でしたが、思うようにはいかなかったようです。

 

面接が50回以上になる頃、背が高いからとモデル事務所に採用されます。

 

モデル業の傍ら、演技学校アクターズクリニックで役者の技術を学びます。

 

そして、2007年に念願の俳優デビューが決まります。テレビドラマ『レガッタ~君といた永遠~』でした。

 

その後は主演ではないものの、多くの話題作に出演していきます。

 

『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』『シバトラ~童顔刑事!史上最大の危機スペシャル~』『全開ガール』など、若者に人気の高い作品に登場し、個性的な役を演じてきました。

 

確かな演技力が次第に評価され始め、2014年にはHNK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロイン吉高由里子さんの相手役に抜擢され、老若男女から認知される俳優となります。

 

その後は主演に抜擢されることも多くなり、2015年に上映された『俺物語!!』では高校生役を演じるなど、幅広い役をこなすことができる俳優としても支持されるようになりました。

 

結婚し、子供にイクメンな父親でもある

鈴木亮平さんは、一般女性と2011年に結婚し、女の子のお子さんがいる父親でもあります。

 

イクメンとしても知られているようで、仲の良い家庭を築いているようです。

 

それと同時に2011年ごろから仕事も多くなっており、結婚のおかげで仕事の運気もアップできたのかもしれません。

 

『東京タラレバ娘』早坂の役柄

早坂はディレクターとして、ドラマ制作に携わっている人物です。

 

かつて、ヒロイン鎌田倫子(吉高由里子)に告白しますが、フラれてしまいます。

 

本人は知らないことですが、フラれた理由は話がつまらなく、私服がダサかったからです。

 

それから10年の月日が経ちました。

 

早坂はアシスタントからディレクターに昇格し、大人の男性として成長していました。

 

現在でも鎌田倫子と顔を合わせていますが、今では鎌田倫子からの評価が変わっていることは知りません。

 

そんなことなど知るよしもない早坂は、鎌田倫子を食事に呼び出すことで『東京タラレバ娘』の物語は動き出すのです。

 

鈴木亮平と早坂の相性

早坂ディレクターは『優しさが取り柄の男性』という設定があります。

 

それと同時に、ヒロイン鎌田倫子がふったことを後悔している人物でもあるのです。

 

鈴木亮平さんは荒々しい役が多い俳優さんですが、根が優しい方であることはバラエティ番組やインタビューなどを見ていると伝わってきます。

 

役作りのためにメガネをかけるなど、早坂役として演じる前からはまり役な俳優さんといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

早坂は、ヒロインの相手役ではありません。

 

しかし、鎌田倫子をもっとも理解している男性として登場します。

 

そんな鎌田倫子を演じるのは、『花子とアン』で共演した吉高由里子さんです。

 

すでに夫婦役として息がぴったりな2人は、『東京タラレバ娘』でも素晴らしい演技を見せてくれることでしょう。

 

注目トピック

香役が榮倉奈々の決定!セカンド女を演じる

小雪役が大島優子に決定!不倫女を演じる

KEY役が坂口健太郎に決定!毒舌男を演じる

スポンサーリンク