『東京タラレバ娘』ドラマの初回視聴率は13.8%だったことが判明しました。

 

10%いけば当たりと言われている現在、13.8%は良いスタートを切れたと言えるでしょう。

 

何故、高視聴率に繋がったのか紹介していきます。

 

スポンサーリンク

テーマは30代女性の恋愛、結婚

『出典・東京タラレバ娘公式サイト

ドラマ視聴者は、男性よりも女性のほうが多いと言われています。

 

そんな中、『東京タラレバ娘』のテーマは30代女性の恋愛と結婚です。

 

一般的な視聴者層にピッタリ合うテーマだったことが、初回の高視聴率に繋がる要因となったようです。

 

なにより、30代女性の仕事事情、恋愛事情が現実と重なって見えるようで、「分かる分かる」「これ、同じ境遇」というSNSの声が多く集まっているようです。

 

いつの時代も、恋愛と結婚は女性にとって永遠のテーマだといえるでしょう。

 

知名度の高い東村アキコの原作マンガ

ドラマの初回で高視聴率をとるのは、現在ではなかなか難しいです。

 

どんな内容かも分からないので、初回から見る人が少ないのです。

 

視聴率とは、ニュースやSNSで話題になると上がっていく傾向があるのです。

 

現在では、見逃し配信などの再放送が充実しており、初回の見逃しはそれほど問題ではないようです。

 

そんな中、『東京タラレバ娘』が初回から高視聴率に繋がったのは何故でしょうか?

 

それは、『東京タラレバ娘』がオリジナルドラマではなく、東村アキコさんの原作マンガだったからです。

 

すでに、多くの女性ファンを獲得している作品だからこそ、初回から視聴者を集めることができたようです。

 

東村アキコさんのプロフィールや代表作は、こちらで紹介しています▼

【東京タラレバ娘】漫画原作者は東村アキコ!プロフィールまとめ

豪華女優陣で男性層も集めることができた

ドラマのメインキャストであるタラレバ娘は、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんが務めています。

 

日本女優の中でも有名な3人であり、男性層を獲得できたことも高視聴率に繋がったようです。

 

結婚できない役なのに綺麗すぎるのでは?という声もあったようですが、結果的には最良のメンバーだったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

『東京タラレバ娘』は、ドラマもマンガも絶好調のようです。

 

マンガの内容に興味がある方は、こちらでもチェックすることができます▼

マンガ東京タラレバ娘まとめ

 

まだまだ隠されたゲストがいるようなので、今後の展開にも期待が持てそうです。

 

『東京タラレバ娘』ドラマ第2話は、1月25日から放送です。

 

注目トピック

【菊池均也】東京タラレバ娘ドラマ監督の徳田芳樹は誰?プロフィール紹介

【東京タラレバ娘ドラマ】呑んべえ常連客スーさんは伊沢弘、飲み仲間は後藤康夫がキャストで出演

スポンサーリンク