『東京タラレバ娘』のドラマで、原作にはいない新キャラクターが登場しました。

 

テレビ局の宇野プロデューサー役を遼河はるひさんが演じています。

 

スポンサーリンク

遼河はるひのプロフィール

『出典・東京タラレバ娘公式ツイッター

『左・遼河はるひ 右・筧美和子』

遼河はるひさんは、1976年2月2日生まれで愛知県出身の女優さんです。

 

現在は女優業、タレント業に専念している方ですが、かつては宝塚歌劇団の月組で3番手男役スターとして活躍していました。

 

タカラジェンヌとして培われた演技力を活かし、芸能界でも役者として高い評価を得ています。

 

そんな遼河はるひさんですが、情報バラエティ『天才!!カンパニー』に登場したことがきっかけで、知名度が一気に上昇しました。

 

そのおかげか、2015年には『癒し屋キリコの約束』で初の連ドラ主演を務めることができました。

 

宇野プロデューサーとは?

宇野プロデューサーは、テレビ局の重役の1人です。

 

早坂が勤務しているジャパンテレビエンタープライズは、ドラマ制作会社であり、ドラマを放送しているわけではありません。

 

笹崎まりか(筧美和子)の脚本をドラマにするため、宇野プロデューサーが登場するのです。

 

そして、原作ではここまで深く掘り下げていないため、宇野プロデューサーはドラマにしか出演しない人物となります。

 

第2話しか登場しないキャラクターになるかは分かりませんが、『東京タラレバ娘』のストーリーにリアリティを持たせるための脇役といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゲスト枠も豪華な『東京タラレバ娘』ですが、第2話にしか出ないかもしれない人物に元タカラジェンヌを採用するとは、予想していませんでした。

 

これで遼河はるひさんの人気が上昇すると、再登場するかもしれません。

 

その時は、鎌田倫子の脚本が採用されることを期待しましょう。

 

『東京タラレバ娘』ドラマ第3話は、2月1日に放送スタートです。

 

注目トピック

【東京タラレバ娘LINE】公式スタンプが登場!タラとレバの豹変顔や第4出動もスタンプに

【東京タラレバ娘第3話】ドラマ次回予告動画の感想や原作との変更点!ついに不倫男の丸井登場

スポンサーリンク