『東京タラレバ娘』の未発表だったキャストで、徳田芳樹監督がいます。

 

俳優の菊池均也さんが監督役として演じていました。

 

スポンサーリンク

菊池均也のプロフィール

『出典・ドラマ東京タラレバ娘第1話』

菊池均也さんは、1965年生まれの俳優さんです。

 

3年間のサラリーマン生活を経て、脱サラを決意します。

 

舞台で演技を磨き、周囲からも評価される役者として成長していきます。

 

テレビや映画の俳優としても活躍するようになり、月9などにも脇役として出演するようになります。

 

出演作品は、ディア・シスター(主演・石原さとみ、松下奈緒)、掟上今日子の備忘録(主演・新垣結衣)、JIN-仁-完結編(主演・大沢たかお)など、有名どころばかりです。

 

徳田芳樹監督とは?

徳田芳樹監督は、脚本家の鎌田倫子(吉高由里子)と仕事をするドラマ監督です。

 

原作でも登場する人物なのですが、名無しの監督でした。

 

『東京タラレバ娘』のドラマ化によって名前がついたのか、元から名前があったのかは定かではありません。

 

どちらにせよ、原作と実写では監督という職業以外はエピソードが異なります

 

若い脚本家の笹崎まりかに枕営業させる

原作では、ドラマ監督、プロデューサー、早坂ディレクターというスタッフ陣でした。

 

しかし、実写だと徳田芳樹監督、早坂プロデューサーの2人しかいません。

 

実は、鎌田倫子の仕事が若い脚本家の笹山まりか(筧美和子)にとられるエピソードがあります。

 

その理由が枕営業となるのですが、その相手がプロデューサーから徳田芳樹監督に変更される可能性が高いです。

 

実写版だと、徳田芳樹監督の存在感が引き立つようになっているみたいです。

 

KEYが鎌田倫子の脚本を否定しない?

KEYは出演者として呼ばれたにも関わらず、鎌田倫子の脚本を否定し「出ない、ダサいから」と言い捨てるエピソードがあります。

 

これがまるまるカットされる可能性が出てきました。

 

理由は、やはり徳田芳樹監督の存在です。

 

原作だと、仕事にやる気がない部分があり、「ネットドラマは売れないからどうでもいい」とぼやいていた人物です。

 

しかし、実写版だと「これじゃ泣けないなー」と鎌田倫子の脚本を積極的に訂正しています。

 

つまり、KEYの入り込む余地がないのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

そもそも、鎌田倫子が売れない若手脚本家という設定から違うので、実写版のエピソードは読みにくいです。

 

今後、徳田芳樹監督の存在が物語にどう影響していくのか、非常に楽しみなところです。

 

第2話でも、鎌田倫子の心をかき乱してくれそうです。

 

『東京タラレバ娘』第2話は、1月25日の水曜日に放送です。

 

注目トピック

【東京タラレバ娘ドラマ】呑んべえ常連客スーさんは伊沢弘、飲み仲間は後藤康夫がキャストで出演

【東京タラレバ娘ドラマ】第1話の感想あらすじネタバレ!原作との変更点まとめ

スポンサーリンク