『東京タラレバ娘』は、東村アキコさんの原作マンガです。

 

ドラマ化が決定し、豪華キャストが続々と発表されました。

 

しかし、未だに明かされていないキャストもいます。

 

天才映画監督と呼ばれた初老の堂越監督の俳優キャストが誰になるのか、予想していきます。

 

スポンサーリンク

堂越監督とは?

堂越監督は、初老の男性です。

 

これまでに撮った映画はたった数本ですが、そのすべてがあらゆる映画賞を総なめにしている天才映画監督と呼ばれている人物です。

 

芸能事務所の女社長である祥子社長と古くからの友人でもあり、彼女はKEYを堂越監督に紹介しました。

 

そのとき、KEYが結婚していること、その妻が他界してしまった話を聞き、堂越監督はKEYに興味を持つようになります。

 

そしてついに、KEYをメインにしたドキュメントを撮る気になるのです。

 

しかし、KEYは先生(妻)との思い出を売り物にしたくないと考えていました。

 

それは、祥子社長も同じ気持ちでした。KEYの妻だった女性は、自身の妹だからです。

 

それでも堂越監督とKEYを合わせたのは、2人が前に進むためでもあったのです。

 

堂越監督の俳優キャスト予想

堂越監督は白髪の男性なので、マンガだと70歳は超えているイメージがあります。

 

ただ、実写でも同じ年齢にする必要はなく、貫録のある俳優さんを起用するだけでも名監督として見せることができるでしょう。

 

『出典・ウィキペディア

三浦友和さん、1952年生まれの俳優さんです。

 

年齢は60代前半となりますが、十分過ぎるキャリアと貫録をお持ちの方なので、監督という大役も任せることができる人物です。

 

若い世代のドラマにも出演してくれる俳優さんなので、可能性はあるかもしれません。

 

『出典・ホリプロ

北大路欣也さん、1943年生まれの俳優さんです。

 

俳優歴は60年を越えており、大御所に相応しい人物といえます。

 

最近のドラマでも多数活躍されている現役の俳優さんなので、『東京タラレバ娘』にも出演してくれるかもしれません。

 

『出典・ウィキペディア

津川雅彦さん、1940年生まれの俳優さんです。

 

2016年で76歳になりましたが、現役で活躍されている名俳優です。

 

監督役も、なんなくこなしてくれることでしょう。

 

ただし、あまりバラエティ色の強い作品では見かけない方なので、キャスティングは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

堂越監督の登場により、今までクールだったKEYは一変します。

 

今度は、鎌田倫子がKEYの支えになっていくことになります。

 

とはいえ、このエピソードは原作の最後のほうとなりますので、実写でも取り扱われるのかは分かりません。

 

堂越監督が登場するのかどうかも、『東京タラレバ娘』の注目すべきポイントとなるかもしれません。

 

注目トピック

奥田役の俳優キャストを予想!映画マニアを演じるのは誰?

タラレバ娘の現場ではクリスマス一色に!プレゼント交換も

スポンサーリンク