『東京タラレバ娘』の主題歌は、パフュームが歌う『TOKYO GIRL』が採用されています。

 

東京で働く女性の応援ソングとなっており、世界観にピッタリな楽曲と言えるでしょう。

 

そして、忘れていけないのは、ドラマの劇中に流れるBGMです。

 

作曲を担当したのは、音楽家の菅野祐悟さんです。

 

スポンサーリンク

菅野祐悟のプロフィール

『出典・菅野祐悟の公式プロフィール

菅野祐悟さん、1977年6月5日生まれで埼玉県出身の音楽家です。

 

100年以上の歴史がある東京音楽大学で、印象主義音楽を学んでいました。

 

印象主義音楽とは、1つの物語として完成させた音楽ではなく、その時その時の気分や雰囲気を表現した音楽です。

 

ドラマで使われるのは、印象主義音楽が多いです。

 

すでに、在学中から才能を開花させていた菅野祐悟さんは、アーティストへの楽曲提供、CM曲、映画などの依頼をこなしていました。

 

本格的に作家、音楽プロデューサー業に専念するようになると、誰もが聞いたことのある人気ドラマの作品の曲を手掛けるようになります。

 

作品が使われたドラマ

一部ではありますが、菅野祐悟さんが担当したドラマ作品を紹介します。

 

これらの曲調を知っていれば、『東京タラレバ娘』に使われる楽曲もどんなものになるか、想像できるかもしれません。

 

ホタルノヒカリ

綾瀬はるかさんが干物女を演じた作品。

花咲舞が黙ってない

杏さんが主演の作品。

ヒガンバナ

堀北真希さんが刑事役の作品。

新参者

阿部寛さんが事件を解決する刑事ドラマ。

安堂ロイド

SMAPの木村拓哉さんがアンドロイド役で登場するドラマ。

ガリレオ

福山雅治さんが物理学者として事件を紐解く作品。

謎解きはディナーのあとで

お嬢様役の北川景子さんと執事役の櫻井翔さんがコンビの推理ドラマ。

ラヴソング

福山雅治さんが主演で、音楽をテーマにした作品。

 

『東京タラレバ娘』サウンドトラックの発売日や価格は?

菅野祐悟さんが作曲を務める『東京タラレバ娘』のサウンドトラックが発売されることが決定しました。

 

発売日は、3月8日の水曜日です。

 

価格は2500円(税抜き)となります。

 

発売まで日にちはたっぷりとあるので、ドラマを視聴してから購入を考えても遅くはありません。

 

ドラマのサウンドトラックは貸出されるものもあるので、ツタヤ等でもレンタルされるかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

『東京タラレバ娘』はラブコメディなので、楽しいアップテンポの曲が多くなるかもしれません。

 

どんな曲に仕上がっているのか、非常に楽しみですね。

 

ぜひ、1月18日から放送の『東京タラレバ娘』で確認しましょう。

 

サウンドトラックの発売日は、3月8日からです。

 

注目トピック

『タラ』『レバ』の声優を加藤諒、パフュームのあーちゃんが担当

ドラマ第1話の鎌田倫子とKEYの出会い方は、原作とは違うことが判明

スポンサーリンク