『東京タラレバ娘』第9話は、小雪の不倫にピリオドが打たれる回となります。

 

そして、鎌田倫子(吉高由里子)と早坂(鈴木亮平)は幸せな生活を始めるのです。

 

スポンサーリンク

東京タラレバ娘第9話の感想あらすじ

『出典・東京タラレバ娘インスタグラム

 

鎌田倫子は、早坂と『フツウ』の幸せを手に入れることができました。

 

鎌田倫子にとって、それは特別だったのです。

 

そんな様子をKEY(坂口健太郎)は口では祝福していましたが、どこか腑に落ちない表情を浮かべていました。

 

一方、ついに鳥居小雪(大島優子)は不倫でしてはいけない一線を越えてしまいます

 

丸井(田中圭)に誘われ、自宅にあがってしまうのです。

 

しかし、それは不倫の終わりを意味していました・・・。

 

原作との変更点1『堂越監督のドキュメント映画』

原作では、KEYの過去を知る役割として堂越監督が登場します。

 

堂越監督の密着により、KEYと沢田曜子(村川絵梨)の関係が明るみとなるのです。

 

ただ、ドラマだとKEYは自分から鎌田倫子に過去を話しています

 

堂越監督は、ドラマだと登場しないのかもしれません。

 

原作との変更点2『丸井の姉』

丸井の姉は、小雪の不倫を目撃してしまう重要な役割があります。

 

しかし、ここまで姉の存在は一切登場していません

 

これにより、小雪は誰かに終わらせられるのではなく、自ら幕を引くことになるようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

第9話の見どころは、なんといってもKEYでしょう。

 

早坂と付き合った鎌田倫子を見て、KEYの心境が徐々に変化していきます。

 

何より、「あんたのほうがタラレバ男じゃない」と鎌田倫子に言われてしまいます。

 

KEYがどんな行動を取るのか、ぜひチェックしてみてください。

 

『東京タラレバ娘』ドラマ第9話は、3月15日に放送です。

 

注目トピック

タラレバ娘たちの顔が入れ替え!?違和感がないドッキリ画像がインスタグラムに公開

東京タラレバ娘ドラマの最終回まであとわずか!大島優子コアラなどお宝画像が公開

東京タラレバ娘ドラマ第8話の感想!あらすじの次回予告動画から原作との変更点が分かる

スポンサーリンク