ついに、『東京タラレバ娘』のドラマも折り返し地点にきました。

 

第6話は、鎌田倫子と奥田が付き合ったその後がメインとなります。

 

『幸せとはなんなのか』を考えさせられる回です。

 

スポンサーリンク

東京タラレバ娘ドラマ第6話の感想

※画面をクリックすると動画が再生し、もう1度押すと止まります。

『出典・東京タラレバ娘公式インスタグラム

 

ヒロインの鎌田倫子(吉高由里子)は、BAR経営者の奥田(速水もこみち)と付き合い、幸せの絶頂にいました。

 

しかし、鎌田倫子は久しぶりの恋愛ですっかり忘れていましたが、付き合うのはいいことばかりではありません。

 

相手に合わせる必要があるのです。

 

奥田の場合、趣味は映画鑑賞でした。

 

鑑賞中は私語厳禁だったり、鎌田倫子は窮屈な想いをし始めるのです。

 

今までが自由過ぎたため、余計そう感じてしまうのです。

 

はたから見れば贅沢な悩みですが、鎌田倫子にとっては我慢できないポイントとなってしまうのです。

 

原作との変更点『香の婚活』

『出典・東京タラレバ娘公式サイト

セカンド女からの脱出のため、山川香(榮倉奈々)は結婚相談所で相手を見つけることにします。

 

香の婚活は、原作にはなかった内容となります。

 

確かに、香はオリンピックまでに子供が欲しいという願望があったため、ある意味、自然な流れなのかもしれません。

 

しかし、思うようにはいきません。

 

元カレの鮫島涼(平岡祐太)から連絡が入り、香を惑わせてしまうのです・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

鎌田倫子の悩みは、理解できる人とできない人に分かれる題材となるでしょう。

 

顔や収入よりも、一緒にいて楽な相手といたい・・・。

 

鎌田倫子は、その選択肢を選んでしまうのです。

 

しかし、その選択が早坂とKEYに影響を及ぼすことは、まだ知るよしもありません・・・。

 

そんな『東京タラレバ娘』ドラマ第6話は、2月22日に放送です。

 

注目トピック

石川恋が行列のできる法律相談所でタラレバ娘のマミ役の格好で登場!

東京タラレバ娘ドラマ第5話の曲はドリカム『嬉しい楽しい大好き』

スポンサーリンク