『東京タラレバ娘』ドラマは、1月18日から第1話が放送されます。

 

その次回予告であるPR動画が公開されました。

 

どんな内容なのか、第1話でどこまで掘り下げるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

第1話の次回予告PR動画の内容

『出典・公式サイト

 

この動画が第1話の次回予告PR動画となります。

 

動画を見て分かるように、メインは鎌田倫子と早坂のデートのようです。

 

この事件により、居酒屋『呑んべえ』で山川香(榮倉奈々)鳥居小雪(大島優子)を囲み、タラレバ話に花を咲かせるのです。

 

そして、なんといってもKEY(坂口健太郎)の捨て台詞です。

 

このことから、ドラマ第1話の内容は原作の第1話分である可能性があります。

 

ただし、KEYがモデルということは明かされるケースも考えられます。(次週の物語の導入として使うため)

 

原作との変更点1『早坂のため口』

原作で早坂哲朗(鈴木亮平)は、年下の鎌田倫子(吉高由里子)に対して敬語を使っています。

 

このことから、早坂が優しく真面目な人柄であることが分かります。

 

ところが、ドラマでは鎌田倫子に対してため口を使っています。

 

やはり、ディレクターからプロデューサーに役職が変更になったこともあり、少し男性らしさを強調したいのかもしれません。

 

とはいえ、鈴木亮平さんの優しい口調が見事であり、ため口であっても早坂の優しさを表現できているので、その点は問題なさそうです。

 

原作との変更点2『KEYのクールさに磨きがかかっている』

KEYはクールなキャラですが、坂口健太郎さんが役作りしたKEYは、クールさに磨きがかかっている印象を受けました。

 

原作のKEYは、時と場合によっては大声で毒舌を口にする男性ですが、ドラマだと物静かに毒舌を吐く男性になりそうです。

 

もちろん、イケメン度は原作と同じどころか、超えているかもしれません。

 

原作との変更点3『タラレバ娘たちは本当に結婚できないのか?』

アラサー、アラフォー女性たちの阿鼻叫喚を全部詰め込んだ作品『東京タラレバ娘』。

 

大きなテーマでいえば、結婚がメインとなります。

 

原作の鎌田倫子、山川香、鳥居小雪が結婚できない理由は、読んでいればなんとなる分かります。(言動のすべてに女子力が欠けている)

 

ただ、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんのような女性が結婚できない理由は、どう考えても想像ができません。

 

次回予告のPR動画を見ても、『可愛い』『綺麗』しか出てこないのは無理もないことです。

 

これらを打ち破る役作りやアイデアも、ドラマの完成には必要不可欠な要素かもしれません。

 

第1話の感想

『東京タラレバ娘』の第1話が放送されました。新たな変更点や感想はこちらの記事で紹介しています▼

【東京タラレバ娘ドラマ】第1話の感想あらすじネタバレ!原作との変更点まとめ

 

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『東京タラレバ娘』第1話は、早坂との話がメインになります。

 

そのオチが衝撃的であり、鎌田倫子は『タラレバ』をいつも以上に口ずさんでしまうのです。

 

どんなオチなのか気になる方は、こちらの記事で紹介しています▼

『東京タラレバ娘』第1巻のあらすじネタバレ

 

実際にどんな内容になるのか、ぜひ1月18日(水)の22時に確認してみましょう。

 

注目トピック

『東京タラレバ娘』ドラマの最終回を予想!鎌田倫子とKEYは付き合うのか?

堂越監督の俳優キャスト予想!天才映画監督を演じるのは誰?

スポンサーリンク