すでに、ドラマ『東京タラレバ娘』のPR動画が公開されていましたが、ついに第1話の次回予告として編集された60秒動画が公開されました。

 

KEYとの出会いや映画監督とのやり取りが、原作と異なっています。

 

なお、前回のPR動画で紹介した主な原作との変更点は、こちらになります▼

ドラマ『東京タラレバ娘』PR動画が解禁!原作との変更点は?

 

スポンサーリンク

鎌田倫子とKEYの出会うきっかけが変更!それは毒舌もつかれる

※画面をクリックすると動画が再生し、もう1度押すと止まります。

『出典・東京タラレバ娘公式インスタグラム

 

この動画が、ドラマの第1話を紹介した次回予告となります。

 

Perfumeの『TOKYO GIRL』が1分間流れている唯一の動画でもあるので、ぜひリピートして何度も聴いていたい作品となっています。

 

さて、動画の後半で鎌田倫子とKEYのやり取りが映っていました。

 

鎌田倫子、なんと酔ってKEYにぶつかるという失態をおかしてしまいます。

 

これをされたら、さすがに毒舌の1つや2つは言いたくなるかもしれません。

 

どうやら、ドラマではリアリティを追及した出会い方になっているようです。

 

KEYではなく、無名監督が脚本にケチをつける

原作では、KEYのことを「女みてぇなヤツと思っていたが、動いてみると結構いいな」と評価し、鎌田倫子の脚本ドラマに無理やりキャスティングさせた名前のない監督がいました。

 

その監督と同一人物かは不明ですが、次回予告動画の後半で登場している男性がいます。

 

この男性は「これじゃ泣けないな」と鎌田倫子の脚本にケチをつけています。

 

普通の作品なら聞き流すようなシーンですが、実は原作だとKEYが脚本を切り捨てるはずの内容なのです。

 

どうなるかは不明ですが、「このドラマには出ない。ダサいから」の名台詞が聞けるような内容にして欲しいところです。

 

『30代は自分で立ち上がれ!』がマイルドになる・・・

『出典・マンガ東京タラレバ娘第1話』

KEYの毒舌の中でもトップ10に入る名言だと言われている『30代は自分で立ち上がれ!もう女の子じゃないんだよ、おたくら?』が第1話から登場します。

 

ただし、残念なことに少しマイルドになっていました。

 

「いい歳した大人が・・・自分で立ち上がれ。もう女の子じゃないんだから」

 

もちろん、これは60秒に構成されているので、ところどころがカットされている可能性は十分考えられます。

 

しかし、やはり声のトーンが変わることはないので、どちらかというと『切り捨てる』ではなく『諭す』シーンになりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

原作と比べて、ところどころ変更点はありそうですが、それもまた、ドラマの面白さだと言えるでしょう。

 

マンガでは表現できないようなダイナミックな演出ができるのも、実写ならではです。

 

どんなオリジナルストーリーが加わるのか、非常に楽しみです。

 

『東京タラレバ娘』は、1月18日の水曜日22時から放送スタートです。

 

注目トピック

ついに東京タラレバ娘の公式グッズが伊勢丹新宿店で登場

超問SPで語られた吉高由里子の豚最強説とは?恥ずかしいマル秘話も暴露

スポンサーリンク